読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き殴りクソブログ

頭よわよわ

Pokemon GO Plus買ったった

ポケモンゴww買ったンゴwwwww

 

Pokemon GOとは

位置情報(GPS)を利用したスマホゲームの1つ。

基本的には、仮想空間でポケモンを捕まえたり、戦わせたりして遊ぶ。

ゲーム内のマップは現実世界のマップとリンクしていて、建築物や観光名所等に、ポケストップと呼ばれるものが設定されている。例えばマクドナルドがあるところはポケストップになっていることが多い。ここを訪れることで、ポケモンを捕まえるためのモンスターボール等、ゲームを進めるためのアイテムが手に入る。

無課金で遊べるけど、課金する人も多い。(課金するとアイテムが簡単に手に入る)

pokemongo.nianticlabs.com

開発元は、Niantic(ナイアンティック)。もともとはGoogle社内にあったプロジェクトだが、今は1つの会社になっているらしい。

Pokemon GOの前にも、「Ingress」という位置情報をもとに仮想空間で遊べるゲームを出しているので、気になる人はそちらもどうぞ。

 

 

Pokemon GO Plusはなぜ出たのか?

で、本題のポケモンゴプラス。

さっき書いたように、Pokemon GOは、

スマホからPokemon GOアプリを起動した状態で歩くと、自分の歩いたようにゲーム内の自分のアバターも歩く。時々ポケモンが出てくるので、そのポケモンを捕まえて仲間にしたりする。

 

アプリを起動した状態にしておかなければならない。別に画面は見続けなくていい。ポケモンが出現したらスマホが振動するので、その振動があったら安全な場所に立ち止まってスマホの画面をチェックすればいい…はずだが、歩きながらポケモンを確認する人が多く、歩きスマホが問題となった。

japan.cnet.com

いつぞやのアプリのアップデート後には、アプリ起動時に歩きスマホへの警告が出るようになった…。

歩きスマホは危ないし、アプリ起動しっぱなしにしておくのでぶっちゃけスマホの電池もすごい減る。そこでPokemon GO Plusですよ!!!

ちなみに、歩きスマホ対策のためにPokemon GO Plusが開発されたのかどうかはよく知らん。

 

Pokemon GO Plus買ったった

f:id:sabukaruchan:20160923110201j:plain

当初、ポケモンのゲット&ポケストップでのアイテム回収しかできないとされていたPokemon GO Plus。正直その機能しかないなら要らないと思っていたけれど、なんと歩いた距離がちゃんと加算される、と発売少し前にアナウンスがあった。

ポケモンにはタマゴがあって(ポケストップで手に入る)、そのタマゴを孵すとポケモンが生まれる。ただ、タマゴを返すためにはポケモンごとに設定された距離を実際に歩かなければいけない。(1kmとか5kmとか)

タマゴからは珍しいポケモンが生まれたり、ポケモンの進化に必要なアイテム等も手に入るので、積極的に孵したいところ。その、タマゴを孵すための距離を、Pokemon GO Plusでちゃんと測ってくれる!!!!!これはもう買うしかない!!

ということで買ったったwwww発売時刻にポケモンセンターオンラインで見張ってたんだけど、混雑してすぐに繋がらなくなった。で、Amazon見に行ったら売ってたっていう。検索で出てこないっていう人多かったし、確かに見つけづらかったけど、「任天堂 Pokemon GO」ってワード入れたら割と上の方に出てきた気がする。

 

Pokemon GO Plusを実際に使ってみて

胸ポケットに差して使えたりもするけど、私は腕時計みたいに手首に巻いて使っている。(バンドも同梱されているので何も追加購入はしなくてOK)

f:id:sabukaruchan:20160923111806j:plain

あとはスマホ側でBluetooth(端末の設定画面とかにある)をONにして、Pokemon GOアプリを起動して、Pokemon GO Plusと連携させるだけ。最初はちょっと手間取ったけど、二回目以降はさくさく。

良い点

  • 友達と歩いているときとかにいちいちPokemon GOのアプリを確認しなくてよい。ポケモンが出現したらPokemon GO Plusが振動して光るので、真ん中のボタンを押すだけで勝手にモンスターボールを投げてくれる。
  • ポケストップに近づいた時も同様に知らせてくれるので、真ん中のボタンを押すだけでアイテムが回収できる。
  • マジでボタンを押すだけなので、楽。
  • 光がきれい。ポケモンの捕獲に成功したら7色に光る!
  • ポケモンの捕獲履歴、アイテムの入手履歴は、アプリの「ぼうけんノート」から確認ができる。
  • 今まではメイン画面に起動しておかなければいけなかったPokemon GOアプリは、起動したあとバックグラウンドにしておいても大丈夫。SNSをだらだら読んだりとか調べ物をしたりとかしていても、Pokemon GO Plusがあれば、Pokemon GOを進めることができる。

あと、あんまり書いてる人みかけないけど、すごくいいと思ったのは、

  • ポケストップからアイテムが回収できるタイミングでGO Plusが振動するので、効率よくアイテムが回収できる。

例えば、ランチでどこかのお店に入って、1時間くらいその店にいるとする。今までだったら、「あ、そろそろ5分たったしアイテム回収しよう」と思ってPokemon GOを確認して、ポケストップをくるくる回してアイテムの回収をする。

しかしPokemon GO Plusなら、5分経ってポケストップからアイテムが再回収できるタイミングで振動して教えてくれる。

「5分後」を意識して覚えていなくていいし、アプリをいちいち確認しなくてよくなるので、個人的にはこれがすごく便利だと思った。

イマイチな点

まあ、いい点ばかりではなく、ちょっとな~と思う点もある。

アプリから捕獲する場合は、好きなボールを選んだり、アイテムを使って捕まえやすくしたり、色々と操作ができた。しかしPokemon GO Plusでは「ボタンを1度押すこと」しかできない。ボタンを押して捕獲を試みても、失敗したらその時点で「逃げられた」という扱いになってしまう。捕まえにくいポケモンだったり、どうしても捕獲したいポケモンの場合はアプリを起動するほうがよい。未捕獲ポケモンの場合は黄色、捕獲済みポケモンの場合は緑色にGO Plusが光るので、黄色に光った場合はアプリを起動したほうが安全そう。

捕獲時に何も操作できないので、ほかのボールを選ぶことができない。モンスターボールしか消費されない様子?

  • すでにウェアラブルバイスを手首に着けている場合、Go Plusも腕に着けてたら「あの人の腕、デバイス多いな~」って思われそう。

さっきの装着写真を見て思った人もいるかもしれないけど、私はすでにアクティビティトラッカーを着けて生活している…。

 

まとめ

色々書いたけど、3500円だし、まだPokemon GOをプレイしている人は買ってみてもいいと思う。次回入荷は11月らしいので、もしかしたらそれまでに飽きちゃった人から中古で買えたりもするかもしれない。

操作も簡単だし、アプリとの連携も簡単なので、ちょっと課金したと思えば全然アリ。

 

 

個人的な期待

これが初めてのウェアラブルバイスになるという人も多そうな気がする。アップルウォッチとかアクティビティトラッカーとか色々あるけれど、使っている人はそんなに多くない、気がする。

Pokemon GO Plusをきっかけとして、ウェアラブルバイスというものの存在を意識するようになる人が増えるんじゃないかな~と思っている。